私が不動産購入を決めた理由

私が不動産購入を決めた理由

私は、6年ほど前に実家の近くにマンションを購入しました。
私は不動産開発・販売の会社に勤務していましたが、自分自身は独身で転勤が多いために、不動産の購入については、全く考えていませんでした。

そんな私に両親が不動産購入の話を持ってきました。

実家の近くのマンションを売りたい人がいるから、購入したいが資金がない、もし資金があるならお前名義で買わないかということでした。

地方の中古マンションのため、都心の新築マンションの10分の1程度の価格でした。

そのくらいの資金はありましたが、当面は実家の近くの職場になりそうもなく、マンションを買っても住めない状況です。

親もそのマンションに住むつもりはなく、別荘のようにして使うつもりのようです。

そんなために買うのはどうかと思いましたが、あることが決め手となって購入することになりました。

その決め手とは、占いです。

実は占いで、私は不動産を持つことで運が強くなると言われたのです。

バカらしいかもしれませんが、それがマンションを思い切って買う決め手になったのです。

不動産購入後、運が強くなったとは思えませんが、購入をしておいてよかったです。

その後、地元へ戻ることになり、現在は、購入したマンションに住んでいます。

不動産業界のバックオフィス業務

 金融系が就職先として人気になって来た今、同じような感覚で、不動産業界ではたらきたいと思う人もいるでしょう。

不動産で働く、というと、やっぱり営業的なイメージが強いのではないでしょうか。しかし、実際にはそういった渉外業務だけではありません。不動産にまつわる仕事というのは、実際に知られている以上に地味だったり、オフィスワークだったりするものが、たくさんあるのです。賃貸の契約をするには、契約書をつくらなければなりません。賃料の入金管理などについても、きちんと帳簿をつけることが大切です。こういった、いわゆるバックオフィス的な仕事もたくさんあります。そういった意味で、営業系ではない人にとっても、不動産業界は魅力的だともいえるでしょう。

Blog

Calendar