空室対策としてのフリーレント

空室対策としてのフリーレント

 オフィスビルなどを所有している不動産オーナーとしては、賃貸するテナントへの賃料はできるだけ高くしたいものです。けれど、空室が続いてしまうと、そうも言っていられません。空室のある不動産というのは、どうしてもその印象も悪くなっていますし、同時に不動産としての価値自体がどんどん落ちてしまうからです。

そのようなときに、不動産の賃料を下げるという不動産オーナーもいますが、そうではなく、フリーレントという対策をとる不動産オーナーもいます。フリーレントをすることで、1ヶ月だったり、3ヶ月の期間、賃料を免除するのです。そうすることで、テナントとしては、全体的な賃料をおさえることができるのです。テナントにしてみても、うれしい条件だといえるでしょう。

不動産の買い替えをする際に考慮すべきファクター

東日本大震災が起こった影響を受けて、東京都内でもより高い耐震構造をもった不動産への買い替えをしたいと考えている人が増えているようです。用心に超したことは無いので、不安がある場合は不動産の買い替えをするのも一つの選択ではありますが、不動産の買い替えに伴って考慮すべきファクターを忘れてはいけません。

そのファクターとは、いまある家族生活のリズムが保たれるかどうかです。不動産を買い替えることになれば、当然お金が余分にかかってくるために、これまでの生活水準を保てるかは分かりません。また、子供がいる場合は転校によって精神的負担が増えてしまう状況も起こり得ます。不動産を買い替えたいと考えている方は、こうしたファクターに気を配りながら、より良い生活を築いていくのが良いと思います。

Blog

Calendar