新築の不動産物件の購入のチェックポイント

新築の不動産物件の購入のチェックポイント

新築の不動産物件を購入しようと思っていましたが、新築の不動産物件を購入する場合にどのようなことに注意すればよいのか分かりませんでした。

そのため、ネットで調べてみたところ、新築の不動産物件の場合、完成物件か、未完成物件かでチェックポイントは違ってくるということでした。

また、完成物件の場合には、物件を実際に見ることができるので、物件の広さや設備などのほか、窓からの眺めなどもチェックしましょうということでした。

また、未完成物件の場合には、その不動産会社のモデルルームを見学して、購入希望の物件との違い(間取りや広さなど)をチェックしましょうということでした。

また、その不動産会社のモデルルームの設備などは、オプションのこともあるので、よく確認しましょうということでした。

不動産のバリューアップの意味

不動産のバリューアップということばを聞いたことがある人もいるでしょう。不動産のバリューアップとは、文字通り、不動産の価値をあげるということです。基本的には、不動産業界でこの言葉が使われるときには、不動産の価値自体、つまり値段を上げる、ということを意味するよりも、テナントを誘致するために不動産の価値をあげるという形で使われることが多いようです。つまり、不動産のオーナーにとってのバリューアップというよりも、テナント側のバリューアップだといえます。

こういった不動産用語も、一般的にはあまり広まってはいませんが、不動産の業界の会話の中で、たとえば不動産の工事を検討するときなどによく出てきます。投資を考えるときなどには知っていて便利なことばだと思います。


Blog

Calendar