不動産オーナーの不動産管理

不動産オーナーの不動産管理

 不動産のオーナーが、自分で不動産を管理しない、というのがあたりまえの時代になってきました。その一つが、投資です。投資の対象として、不動産を購入する人が増えたのです。

こういった不動産のオーナーは、自分が住むために不動産を買うわけではありません。また投資対象なので、自分が住んでいる場所の近くに買うとも限りません。そうなると、不動産の管理をするということが、自分ではできなくなってしまいます。

そういった場合に、不動産管理の会社を使うという選択肢がでてきました。こういった不動産管理会社は何をするかというと、不動産管理を委託したビルの持ち主にかわってさまざまな働きをします。たとえば、テナントの入居の契約書を作ったり、空き室のテナントを募集したり、月次の金銭を管理したりしてくれるのです。

 

不動産投資をする上で気をつけたいこと

 不動産投資といえば、最近ブームとなりつつある投資方法です。株よりも親しみ易いために、直ぐにも手が出せそうというイメージがあるからだと思います。ところが、不動産投資も投資であるからには勉強不足が失敗をする世界です。行動を起こす前に、しっかりとした心構えを持つことが肝要です。

その心構えとは、消費者目線で不動産を見るというものです。どんなに自分が素敵だと考える不動産であっても、それが一般的な消費者のニーズを満たしていない場合、儲けにはつながりません。全てのビジネスに言えることですが、消費者のことを考える戦略が儲けを生むのです。そんなわけで、不動産投資をする際には周辺の住宅事情や売れ筋の物件を、セミナー等で学ぶ必要があるでしょう。

Blog

Calendar