住宅ローンを滞納してどれくらいまで任意売却が可能か?

住宅ローンを滞納してどれくらいまで任意売却が可能か?

 任意売却と不動産競売を比較した際に、任意売却のメリットはより高い価格で不動産を売ることができる可能性があるほかにも、任意売却の方がより早く問題を解決できる可能性があります。競売は裁判所での法的な手続きにのっとって執行されるため、一般に半年から6か月程度の時間を要します。これに対して任意売却は、購入希望者がいつ現れるかによって差は生じますが、法的な手続きの時間を要しない分競売より短期間で不動産を売却することができる可能性が高くなります。住宅ローンなどの返済を止めると、遅延損害金が膨らみます。よって、売却までの時間が短くなりうる任意売却の方がメリットがあるのです。

また、債権者にとっても競売は法的な手続きの時間や経費を必要とするため、任意売却の方がメリットがあるといえます。

 

任意売却業者に相談しに行く前に決めておくこと

任意売却の相談を任意売却業者にしに行く際には、これからどうしたいのかを明確にしておいた方がいいでしょう。

 

まず、今の住宅にこれからも住み続けたいのかどうかを明確にしましょう。

任意売却をするからと言って、必ずしも、出て行かなければいけないわけではありません。

家族や友人に売って借りるという選択肢などもあるので、とりあえず、希望を伝えて、任意売却業者と一緒に対応を検討するようにしましょう。

また、引越しをするのであれば、どこに引っ越すのか決めておきましょう。

実家に帰るのか、その地域で賃貸住宅に住むのかでは、引越しにかかる費用も違ってきますし、今後のスケジュールも変わってきます。

それらは、実は、任意売却での債権者や買主との交渉にも影響してくる重大な要素なのです。


 

Blog

Calendar