任意売却を行うと、ブラックリストに残るのでしょうか?

任意売却を行うと、ブラックリストに残るのでしょうか?

任意売却を行うと、ブラックリストに残るのでしょうか?

任意売却を行う場合に、ブラックリストというようなリストというものが実際にあるということではありません。

住宅ローンなどの返済を何ヶ月にもわたって行わなかったような場合、個人信用情報にそのような情報が残ります。

そのような状態のことをブラックと言います。

自分の家の任意売却を行う場合、銀行への返済が止まっているため、個人信用情報には残ります。

このような場合には、5年間はカードを作ることはできませんが、ほかに暮らしで問題があることはありません。

任意売却を行うために、ブラックになるということではありません。

住宅ローンの返済が遅れているために事故情報に残ってしまうのですね。

任意売却を行わないように、住宅ローンの返済を遅れないようにしましょう。

任意売却と競売はメンタル面や金銭面において違いが大きい

 任意売却というのは、債務者と債権者がお互いに合意に達してから、ローンを返すことが不可能になった不動産物件を売ることです。

売った後、全て完済できなくて残った債務があったような場合でも抵当権などを抹消してもらえます。

任意売却も競売も持っている不動産を同じように売却するのですが、メンタル面や金銭面において違いが大きいということをご存知でしょうか?

任意売却を行う人は、ほとんどの場合自分一人で悩んでいて、どうしていいのかわからないで競売にかかってしまうことが多いのです。

また、住宅ローンを滞納するとすぐに任意売却というような業者もいますが、まず一番に行うべきことは、任意売却を決心することではないのです。

住宅ローンの返済を数カ月滞納すると、債権者から任意売却または競売の連絡がきます。

Blog

Calendar