任意売却での引越し代の注意

任意売却での引越し代の注意

任意売却の競売にはないメリットとして、引越し費用が出ることが挙げられます。

ただ、気をつけないといけないのは、任意売却での引越し費用は必ずしも出るとは限らないことです。

そもそも、引越し費用を出すことは債権者に義務付けられているものではなく、任意売却業者が交渉によって引き出す条件に過ぎません。

引越し費用が出ると思い込んで、引越し計画を立てるのは危険です。

また、引越し費用がもらえると言えば聞こえは良いですが、債権者が自腹を切って払ってくれるわけではありません。

引越し費用の出処は任意売却での売却代金です。

任意売却代金は本来は全額、残債の返済に使うはずだったお金です。

したがって、引越し費用をもらえばもらった分だけ、残債が増えることになるので、得をしているわけではないのです。

 

意売却の債権者のメリットについて

任意売却をおこなうと債権者の側にもメリットがあるのは知っていますか。もちろん、遅滞なくローンを返してくれる状況が一番良いのは言うまでもありませんが、返済が苦しくて困窮している状況であれば、債権者側は任意売却で、少しでも高く物件を買い取ってもらいその分を返済に回してもらったほうが良い状況になるわけです。競売によって安く売られると当然回収分も少なくなってしまい、債権者側にとってはあまり好ましい状況ではありません。ですから任意売却をおこなうときには、大抵の場合、債権者側は同意してくれますし、場合によっては債権者側がわざわざ専門の業者を紹介して任意売却を勧めてくる場合もあります。ですから両者にとって有利な任意売却は賢い方法と言えるかもしれません。


Blog

Calendar