マンションの任意売却で気をつけていただきたい事

マンションの任意売却で気をつけていただきたい事

マンションの任意売却で気をつけていただきたい事があります。

マンションでも良くにに売却が行われるわけですが、一戸建てとは違う部分があります。

それは滞納の範囲が少し広くなるというものです。

住宅ローンの対応があるのは一緒ですが、例えばマンション管理費というものがあります。

マンション物件ならではの費用がかかりますので、しっかりと注目しなければいけないと思ってください。

また、修繕積立金というものもマンションは発生しています。

それらについても滞納していますと、任意売却の時にかかわりが出てきます。

マンション管理費と修繕積立金につきましては、任意売却の売買代金の中から精算してもらうことになります。

ですので、自分で支払うという形にはならないということになります。

一方で、自分支払わなければいけないものもあります。

任意売却時に対応している可能性が高いものでして、駐車場や駐輪場などの利用料金です。

そちらの滞納については自分で支払うことになりますので、

任意売却をする時には頭の片隅にはいれておきましょう。

 

競売決定後の任意売却は可能か?

住宅ローンの返済不能のため、債権者から住宅の競売の申立がされた後で、債務者から債権者に対して任意売却で処理したい、と要望が出ることがあります。

システム上は、競売が決定した後でも任意売却は可能です。競売の手続きが開始されたとしても、開札日(入札)までは競売の取下げができることになっており、申立を取下げれば任意売却に変えられます。また、債権者である申立人の申請によって裁判所が開札日の延期を認めることもあります。

なお、実は開札が終わった後でも、最高価額買受申出人と次順位買受申出人が同意してくれれば、競売の取り下げが認められます。しかしながら、落札人が代金を納付した後では、競売の取り下げはできません。この時点で、任意売却の可能性はなくなります。

競売より任意売却の方にメリットの大きいことが保証されれば、債権者が申立てを取り下げてくれることもあります。

Blog

Calendar