金融機関紹介の任意売却業者

金融機関紹介の任意売却業者

任意売却を行う場合には、任意売却が終了した後のこともよく考えておきましょう。

任意売却というのは、家を売却して、引っ越しを行って全て終わりということではないのです

不動産を処分したということで、任意売却が終わりということではありません。

任意売却が終わった後からも、債権者から残っている住宅ローンの返済に関してさまざまな通知が送られてきます。 

その中には、送られてきた通知をそのままにしておくと、どうしようもないような事態に進展してしまうようなことも起こり得ます。

お金を弁護士さんや司法書士さんに払ってまで確認するような内容では無いような質問などについて、任意売却が終わった後にも相談を気軽に行うことができる業者を選びましょう。

 

任意売却が完了するまでの流れ

 任意売却が完了するまでというのは、どのような流れになっているのかご存知でしょうか?

ここでは、任意売却が完了するまでの流れについてご紹介していきましょう。

競売と比較すると、任意売却は約5ヶ月程度早く完了します。

任意売却は競売と比べると、処理の速さが全く違います。

任意売却の処理が速いとどうしてメリットがあるかというと、遅延損害金のためです。 

遅延損害金というのは、契約が完了するまでずっと加算されます。

金融機関とローンの滞納者の間には入ってくれるような業者があります。 

そのような業者が、住宅ローンを滞納している人の代理人になってくれるのです。

そのような業者は、住宅ローンを滞納している人の大きな味方なのです。

Blog

Calendar